フーコー 同性愛者

フーコー 同性愛者

フーコー 同性愛者



ミシェル・フーコー(フコ)(Michel Foucault 発音例、1926年10月15日 - 1984年6月25日)は、フランスの哲学者。『言葉と物』(1966)は当初「構造主義の考古学」の副題がついていたことから、当時流行していた構造主義の書として読まれ、構造主義の旗手とされた。フーコー自身は自分が構造主義者であると思っていたことはなく、むしろ構造主義を厳しく批判したため、のちにポスト構造主義者に分類されるようになる。代表作はその他、『狂気の歴史』『監獄の誕生』『性の歴史』など。

 · フーコーはそう言って、ヨーロッパの人間中心主義を批判しました。 同性愛者として. フーコーは同性愛者であり、自分のその傾向に深く悩み何度か自殺未遂を起こします。また、自分が同性愛者であることは公には隠し続けました。

たいと思う。フーコーは解放運動の有効性とその限界をどこに見出しているのか。また、 新たな生の様式を発明すること、「同性愛者になる」こととは、いったいどういうことなの

かった。同性愛者とはまったく異なる事犯であるにもかかわらず,両性具 有者もまた同じように,火焙りにされ,遺灰を空中に散布されていたので ある。フーコーはコレージュ・ド・フランスにおける1975年1月22日の「講

呪われた同性愛者としての若き日のフーコーの,祇めざるをえなかった数 多くの辛酸,飲まざるをえなかった幾多の苦汁,そして背負わざるをえな かったさまざまな重荷こそが,ある深刻で危機的な問題意 …

フーコーは、自分自身がホモ・セクシャルの同性愛者であったこともあり、人間社会とセクシャリティ(性関連事象)の歴史的変遷に関心を持って、権力・性的快楽・性の道徳規範の関係を歴史資料を元に論証した大著『性の歴史』を書き上げた。

すなわちそれは人間の自然に反した倒錯的な行為であると断定されるに至るのである。これはほかならぬ同性愛者であるフーコーにとっては、歴史のなかの痛恨事として映ったに違いないのだ。

ミシェル・フーコーが同性愛者であったこと、またあのソクラテスやプラトンが少年愛に溺れていたこと、などは筆者にも分かっていた。しかし、西洋哲学史に登場する哲学者の圧倒的な部分が同性愛者であることまでは知らなかった。

同性愛者が決して人格的に劣ってなどいないということを示すための一環として、多大な功績を残した人物、いわゆる「歴史上の人物」のなかで同性愛者だった、と推測されている人物について調べています。高校生でも知っているような人物で

フーコー 同性愛者 ⭐ LINK ✅ フーコー 同性愛者

Read more about フーコー 同性愛者.

8
9
10
11

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.

Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Calendar
MoTuWeThFrStSu